banner

設立と税金の関係

株式会社設立と税金の関係

株式会社設立は会社を新規で作ろうとする人の選択肢としては一般的なものとなってきました。かつては事業を興すにはかなりの金額を用意する必要がありましたが、現在では会社を興すだけであればそれほどの資金は必要なくなっており、様々なメリットを得るために気軽に株式会社設立を行うことが可能な時代になってきています。
この様に株式会社設立のメリットを大きく受けることが出来るのは新規で株式会社設立を行う人の内、既に何らかの形で事業を行っている個人事業主の場合であると言えます。従来は小規模の事業であれば敢えて会社設立と言う形を取らずに個人のままでビジネスを行うという選択肢もありましたが、現在では株式会社設立を行うメリットが大きくなってきているため、個人事業主であってもある一定のタイミングで起業を行うのが一般的になってきています。
この様な株式会社設立のメリットと言うのはいくつかありますが、その中でも魅力が大きいのは税金面での優遇措置です。例えば個人事業主として何らかの事業を行った場合、その売り上げは全て自分の収入として扱われます。そのため確定申告で経費の計上を行わなければ非常に大きな税金を支払わなければならなくなります。実はこの売り上げの中から自分自身の生活費などの取り分を捻出するのですが、その様な資金も含めて全て収入とみなされて課税されるのが個人事業主の特徴です。そのため非常にデメリットが大きいと言えるでしょう。
この状態から株式会社設立を行うことで収入は個人の所得ではなく株式会社等の法人の所得とすることが出来ます。その中から自分自身に支払う報酬は経費として算定することが出来るため、個人事業主の場合と比べて非常に大きな差となって現れてくるでしょう。この様なメリットを得るために株式会社設立を行うという考え方もあります。

また税制面以外でも責任範囲が制限されるという大きなメリットも存在しています。個人事業主の場合には基本的に事業関係の失敗に関しても無限責任を個人で負うことになります。そこには法による保護は無く、大きな事業を行うにはリスクが大きいと言えるでしょう。その点株式会社設立を行えば払い込んだ資本金を上限とする有限責任となります。そのため資本金が少ないと信用されないというデメリットがありますが、責任の所在を法人にすることが出来ると言うメリットがそこにあるため、個人事業主にはメリットが大きいと言えます。

Copyright(c) 2015 会社設立に関する知っておくべき形態の知識All Rights Reserved.