banner

必要な費用

株式会社設立に必要な費用の金額

株式会社設立をするためには費用がかかりますが、これらはいくら必要なのでしょうか。
実際にかかる金額はケースバイケースで、安くすることもできますし高くつくこともあります。
どの場合にもかかるものと、時と場合に応じて必要となるものとにわけて考えるのが良いでしょう。

まず、どの場合にもかかるものが、定款の認証と登記申請にかかるものです。
株式会社設立をするためには定款の認証と登記申請の二つの手続きが必要となります。
安くするためには電子定款を作成すれば良く、作成のために代行業者を利用することが多いです。今回はこれを元にして計算することにします。
まず電子定款を作成するための報酬ですが、これは業者によって異なっています。
安い業者を探せば1万円くらいで済ませることができます。
次に定款の認証を受けなければなりませんが、そのためには手数料として5万円必要となります。
株式会社設立を完了させるためには登記申請が必要となります。
登記申請を行うときには登録免許税を15万円分支払わなければなりません。
これらが絶対に必要な費用で、合計すると21万円くらいになります。
株式会社設立をするときには、定款で本店所在地を定めなければなりません。
自分の家に本店所在地を置くことができるのならそれで良いのですが、そうではない場合にはオフィス物件を探すことが必要となります。
賃貸住宅に住んでいる場合やマンションに住んでいる場合、オーナーや管理組合がオフィスとしての利用を許してくれないケースが多いですから、たいていは他にオフィスを探さなければならないと考えておきましょう。
必要なスペースによってその費用は様々ですが、安くしようと思えばバーチャルオフィスを活用するのも良い方法です。
バーチャルオフィスなら保証金などは必要ありませんから、初期投資は必要ありません。
広めの賃貸オフィスを利用しようと思えば、敷金や礼金、あるいは保証金などで数十万円はかかるでしょう。
また、賃貸オフィスを契約すれば内装などの工事を行わなければなりませんし、オフィス家具を購入することも必要です。

株式会社設立には様々な費用が必要となりますが、その総額はケースバイケースです。
とにかく安くしたいと考えるのなら、20万円ちょっとで何とかなりますが、それなりの会社にしたいと考えるのならもっと多くかかります。
どの場合でも、電子定款を作成することによって費用を安くするのは効果的な方法です。

Copyright(c) 2015 会社設立に関する知っておくべき形態の知識All Rights Reserved.