banner

登記申請について

株式会社設立のために行う登記申請について

株式会社設立と言うのは会社を作るということを意味する言葉ですが、実際に行うことの中には登記申請と言う手続きが含まれています。この登記申請と言うのは法務局が管理している登記簿と呼ばれる法人の一覧に情報を記載してもらうことを意味することであり、この様な手続きを取ることによって株式会社設立を行うことになるのです。
この様な手続きを取るまでは法人として認知されていませんのでどのような名前を名乗っていたとしても会社法の適用対象にはなりません。そのため法律上のあらゆる権利を行使できない状態にあるということを理解しておく必要があります。近年では株式会社設立を目指すのは全くの新規で事業を立ち上げようと言うケースと、既に個人事業主として事業を展開している中で今後しっかりとした会社を設立して法的なメリットを得て行こうとする場合に二種類が考えられます。
株式会社設立をするための設立登記申請は所轄の法務局に届け出を行うことで成立します。法務局は全国に点在している国の施設ですが、それぞれ管轄区域を持っているのが一般的です。そのため株式会社設立をしようと考えている地域を所轄する法務局に必要書類一式を届け出ることが必要になります。その際に必要となる書類には様々な種類がありますが、主だったものとしては会社の基本情報を網羅した定款と呼ばれる書類と、法人の代表者の印鑑証明に使用する印鑑、そして定款に記載した事業資金である資本金を銀行に払い込んであるということを証明するための銀行発行の証明書の3点です。

これらを揃えて法務局に届け出をすることで株式会社設立を行うことが出来ます。株式会社設立のために準備しなければならない者のうち大多数は書類作成の専門家が代行することが出来ますので、その様なサービスを上手に活用して手間を削減するという手法も近年では積極的に行われるようになってきました。個人ではなかなか作ることが難しい電子定款もその様な専門業者であれば対応することが可能であり、電子定款で対応をすることで大きく株式会社設立のための申請コストを下げることが出来るため、自分自身で手続きをする場合に比較して、実質本のわずかな負担でプロの支援を受けることができるようになります。そのため会社の印鑑である実印の作成や資本金の払い込みなどの一部の業務を覗いてはプロの手に任せて安全確実な株式会社設立の手続きという選択肢を取ることが非常に多くなっていると言えるでしょう。

Copyright(c) 2015 会社設立に関する知っておくべき形態の知識All Rights Reserved.