banner

株式会社と合同会社

株式会社設立をするか合同会社にするか悩んだら

いざ企業をしようと思い立ったときに、株式会社設立をするべきか、それとも合同会社の方が良いのかと悩むこともあるでしょう。
悩んだときにはそれぞれの違いを明確にして、どちらが目的に合っているのかを考えるのは良い方法です。

まず、株式会社設立をする場合についてです。
そもそも株式会社というのは、出資者と経営者が異なる場合に適した会社組織であると言うことは頭に入れておかなければなりません。
出資した人は株主となり、そして取締役に選任された人が経営を行います。
たとえば上場企業なら、不特定多数の株主がいるわけです。
そして、株主総会で選任された人が取締役となって経営を行います。
出資者がたくさんいる場合や、あるいは出資者と経営者が異なる場合に適したものだと考えられます。
規模が大きくなってくると、出資を募って資金調達することもありますが、このようなことを想定するのであれば株式会社設立をする方が良いと考えられます。

株主や取締役と言ったいろいろな人が会社に関係してきますから、そのルールを厳格に定めておくことは必要となります。
そのために、認証の手続きを経なければならず、手数料がかかるというデメリットはあります。
また、株主総会を開催しなければならないなどのデメリットもあります。
合同会社の概念は、出資した人が経営を行うことです。
株式会社設立では出資する人と経営を行う人は別でもかまいませんが、合同会社の場合には同じで、つまり株主と取締役を兼ねることになります。
これを兼ねた人のことを社員と呼びます。
従業員という意味ではないことに注意が必要です。
合同会社は、出資した人が経営を行うというシンプルな構造ですから、細かいことを決める必要はありません。
たとえば一人で出資して、その人のみが経営を行うと言ったことを考えれば、厳しいルール作りが必要なことは分かるでしょう。
そのために経営の自由度は高くなりますし、スピーディな意思決定ができると考えられます
出資者があまり多くない場合や、制度設計を自由に行いたい場合に適しています。

悩んだときにはこのようにしてそれぞれの特徴を把握していくのが良いのですが、迷ったのなら設立費用の安い合同会社を選んでおくというのは良い方法だと考えられます。
規模が小さいときには株式会社設立をしてもしなくても大して問題はありませんし、もしもそれで問題が生じたのなら後から会社組織を変更することもできます。

Copyright(c) 2015 会社設立に関する知っておくべき形態の知識All Rights Reserved.